皮下出血 目 周り 対策 治療

目の下や周りなどの皮下出血と対策と治療

スポンサーリンク

皮膚や粘膜が破れなければ、怪我で血管が破れても出血した血液が体内に溜まって見えません。
このような出血を皮下出血といいます。
人間の身体は、普通の状態から力が入ることで体全体の血管が拡張します。
拡張するのは目の下や周りの血管の場合であっても同じです。
拡張することで目の下や周りの毛細血管が破裂するので皮下出血が起こります。
これは何かを踏ん張って我慢することで体に異常が起こっていると考えられています。
例えば硬い便が出そうでなかなか出ない場合に踏ん張ることで、目の周りの毛細血管が破裂して皮下出血が起こる場合があります。
目の下や周りの血管が拡張するだけでなく、血圧が上昇することで心臓に負担をかけてしまう場合もあります。
また、嘔吐で力んだり出産で踏ん張ったりしても皮下出血は起こります。
皮下出血では、目の下や周りなどに小さな紫斑と呼ばれる紫色の斑紋が多く現れます。
しかし斑紋は一時的に現れるだけのものなので、時間の経過によって消えていきます。
スポンサーリンク

皮下出血を少なくするためには、普段から目の周りの血管や筋肉を柔かくすると良いです。
日頃パソコンやスマートフォンを使う機会が多い人は、30分使用したら10分は休憩するとか1時間に1回は休憩する時間を作るといったことが必要です。
休憩の間にホットアイマスクを着用して目を温めたり、遠くの景色を見て過ごしたりすると効果的です。
また、血行不良も皮下出血の原因となるので、目の周りをやんわりマッサージして血流を良くすることが大切です。
皮下出血は痛みがなければ放置しても治ります。
しかし原因がドライアイにある場合にはドライアイの治療から行います。
目の表面の摩擦を減らすためです。
また、痛みやかゆみがある場合には早急に病院を受診することが大切です。
基本的に病院で診察を受けたら安静に過ごすことが大切です。
見えにくいなどの症状がある場合には運動を控える必要があります。
放置して治る皮下出血ですが、数日経っても症状に改善が見られなければ病院でしっかり診てもらわなければなりません。
スポンサーリンク