皮下出血 しやすい 体質 原因 予防

皮下出血しやすい体質と病気などの原因と予防

スポンサーリンク

皮下出血しやすい人は、体質にも原因があります。
血管などに軽傷を負うことで症状が現れますが、皮膚が薄くて柔らかい体質の人は、皮膚の下の傷が透けやすくて傷つきやすいことが原因で、皮下出血しやすいです。
例えば加齢が原因で皮膚が薄くなることで、皮下出血しやすい体質になります。
また、出血に際し、血液を固め、止血に働く血小板が少ないと、皮下出血しやすい体質になります。
圧迫した時などに血管に傷が付いたときに、健康な人よりも血が止まるのが遅くなりますが、毛細血管が弱いので破れやすいというのが原因です。
また、皮下出血しやすい病気があります。
その例が紫斑病です。
紫斑と呼ばれるあざのようなものができる病気です。
皮下出血しやすい場合に、症状が酷いとかあざが数日経過しても消えなければ、病院を受診することが必要です。
加齢による体質や病気以外でも、打撲や圧迫など様々な原因があるので、病院できちんと特定してもらうことが大切です。
スポンサーリンク

血液の循環が悪くなることが原因で皮下出血しやすい体質になるので、生活面で改善できる部分は改善することが大切です。
ウォーキングなどの適度な運動や十分な睡眠、入浴時に浴槽で体を温めることで血液の循環を良くすることができます。
茶色いあざなどがしばしばできる人は、紫外線対策や日焼け対策を行うことが大切です。
茶色い字の原因は肌に紫外線ダメージが蓄積していることも考えられます。
よって外出時は日焼け止めを塗るとか、可能ならば帽子、手袋、タオルを持参して長袖長ズボンを着用し、日光の当たっている場所を避けることが一つの対策になります。
小さな出血やアザが何回も起こる場合には、病院を受診することが大切です。
また、ビタミンが不足するとも皮下出血しやすい原因となります。
普段から適量を摂取することが大切です。
また鉄分の摂取も皮下出血の原因を予防することに繋がります。
鉄分は小松菜やカツオやレバーなどに含まれているので、摂取すると良いです。
スポンサーリンク