紫斑病(症) 飲食 食事制限

紫斑病(症)と飲食、食事制限について

スポンサーリンク

アレルギー性の紫斑病(症)になると、腎臓に異常が起こり、血尿が出たり、血便が出たりします。
ひどい腹痛に苦しまされることもあり、その場合は入院が必要になることもあります。
 では、そのアレルギー性の紫斑病(症)を患ってしまった場合は、食事制限をせねばならないのかというと、それはケースによって異なります。
 これは先に説明したように、腹痛がひどい場合だと、通常の飲食は難しいからです。
そのため、この場合は自動的に食事制限がかかることになります。
 しかし、腹痛がさほどではなく、通常の飲食が可能であれば、医師の指導に従う、という形でそれを行うことになります。
 紫斑病(症)は一般には馴染みのない病名なので、それを患ってしまうと、飲食に極端なしばりが加えられると考える人が少なくありません。
 しかし、よほど症状がひどくなければ、食事制限などは課されないのが実情です。
 気に病みすぎると、かえって面倒になるので、そこを意識しておきましょう。
スポンサーリンク

 紫斑病(症)を患って、食事制限を受けるケースとしては、入院があります。
 入院してしまえば、そこで出されるもののみを基本的に口にすることになるので、飲食について特に意識する必要はなくなります。
 紫斑病(症)の症状があまりにもひどく、通常の飲食は控えた方がよいと医師が判断したら、点滴により水分や栄養の補給がなされることもあります。
 この場合は、食事制限云々以前の問題なので、おとなしく医師の言うことに従いましょう。
 自宅で紫斑病(症)の治療に取り組む場合は、飲食に特に制限を設ける必要はありません。
ただし、偏ったものになると、健康を害する原因になるので、バランスのよい食生活を心がけましょう。
 他の病気を患っていて、そちらのせいで食事制限をかけられているのであれば、そちらを重視する必要があります。
 食事制限がかけられる病気には、当然ながらその理由があります。
 紫斑病(症)で飲食にしばりを加えられることはないと言っても、油断しないようにしましょう。
スポンサーリンク