脇の下 しこり 膿

脇の下にできたしこりから膿が出てきたらどうするの

スポンサーリンク

脇の下にしこりができると、近くにリンパ節があるために、悪い病気ではないだろうかと心配になってしまいます。
その一つに、粉瘤(ふんりゅう)が挙げられます。
粉瘤とは、皮膚の表面にできた袋のような腫瘍です。
毛穴の組織の一部分が、皮膚の深部で袋状になると考えられます。
脇の下にしこりができてしまうと、自然に消えることはありません。
そして、皮膚のすぐ下で少しずつ大きくなってきます。
手でつまむと、皮膚の表面にある小さな穴から白い垢(あか)が出てきますが、それはとてもくさいものです。
治療としては、しこりが小さいうちに切開手術をして、袋ごと取り出します。
袋を取り残してしまうと再発してしまいます。
手術後の痛みは軽度です。
粉瘤は、体のどこにでも発症します。
しこりが小さいままであれば、そのままでも構いませんが、突然化膿して大きくなることもあります。
また、炎症を起こすと赤くなり、腫れや痛みも出てきます。
脇の下に何度も繰り返し発症する場合は、化膿性汗腺炎(かのうせいかんせんえん)の可能性があります。
スポンサーリンク

化膿性汗腺炎とは、汗腺(皮膚の中で汗をつくるところ)に黄色ブドウ球菌という細菌が入り込んで、炎症を引き起こす感染症です。
皮膚の深部に痛みを伴ったしこりができます。
皮膚は赤く腫れたあとに破れて、膿が出てきます。
治療としては、抗生物質の服用や切開手術です。
化膿しているため、しこりの摘出手術は難しいので、切開で膿を出すだけになります。
脇の下にできるしこりは、良性腫瘍がほとんどです。
脇の下にできる原因は、ムダ毛を抜くことによって発症する場合が多いのです。
毛を抜くことで、開いた毛穴に垢がつまってしまいます。
さらに毛穴や皮膚の傷に細菌が入ってしまい、炎症を引き起こしてしまうのです。
脇の下が不衛生のためしこりができる場合があるので、常に清潔にするよう心がけましょう。
脇の下にできるしこりは、体の異変を目に見える状態で知らせてくれます。
見るからに赤く腫れていて膿んでいる場合は、迷わず皮膚科を受診して、投薬と治療を受けましょう。
スポンサーリンク