膝 関節 血腫 原因 前十字靭帯断裂

膝関節血腫の原因や治療と前十字靭帯断裂になった場合

スポンサーリンク

体の外部から受けた傷が原因で血管が断裂すると出血が起こり、体外に流出しなければ血腫になる場合があります。
膝関節血腫は打撲などが原因で膝関節内に血が溜まる病気です。
痛みの原因が自分では分からなくて何科の病院へ通院すればよいか悩む人もいますが、整形外科が良いです。
膝関節血腫はスポーツが原因で症状が出ることもあります。
また病気が重くなることが原因で歩行が困難になる場合があります。
膝関節血腫はレントゲンを使った検査で診断されることが多いですが、MRIを使うことも増えています。
MRIではレントゲンだけではよく分からない血管の靭帯の状態まで見ることができるので原因が分かりやすくなったり診断が行いやすくなったりします。
膝関節血腫では膝関節内に出血が生じるので膝関節内血腫とも呼ばれます。
出血が生じるのは、加齢などによる血管の脆弱化が原因だとされています。
膝の他の病気にかかっている中高年の女性に多い病気です。
スポンサーリンク

治療方法としては注射器を使って溜まった血を抜くという方法がありますが、出血は日数の経過に伴って治まっていきます。
出血の血液の色が薄くなって内出血が減少していきます。
また、関節血腫は濃くて多量の血液の塊ができた場合、前十字靱帯断裂などが考えられます。
ただし、個人差で血管の多い少ないがあるので、薄い血液の塊でも前十字断裂のばあいがあります。
前十字靭帯断裂の約7〜8割の人が外側半月板を損傷します。
前十字靭帯損傷のみの場合や、外側半月板の損傷の程度が軽い場合は痛みをあまり感じません。
前十字靭帯損傷の治療ではまず、フットワークや筋力増強などのリハビリテーションを行います。
テーピングなども使ってスポーツに復帰しても対応できるような筋力の維持を目指します。
また、希望すれば靭帯再建術と呼ばれる手術が行われます。
手術を行うことで膝への不安や恐怖を取り除くことができます。
時間が3〜6ヶ月ほどかかるという特徴があります。
スポーツをやる人は本格的に復帰するまでに1年かかります。
病気に対して色々な治療法が考えられるので医師としっかり相談して決めることが大切です。
スポンサーリンク