下肢 紫斑 原因

原因が解明されていない下肢にできる紫斑について

スポンサーリンク

下肢に点状紫斑が多数生じて、褐色の色素斑が広がる症状を慢性色素紫斑といいます。
下肢の点状紫斑が酷くなって、紅褐色の色素沈着が現れたり毛細血管が拡張したりします。
下肢の中でも症状が現れるのは下腱が多いです。
また両足に発症します。
はっきりした原因は分かりません。
うっ血や毛細血管が弱くなっていることが原因として考えられています。
他には衣類が皮膚に触れることも原因であると考えられています。
多くの場合に中年以降に発症し、原因の解明が求められる皮膚の病気です。
慢性色素紫斑では、原因が分かっていないので、効果的な予防法がありません。
下肢に点状紫斑ができたら、早急に病院を通院することが大切です。
原因が不明で効果的な予防法がありませんが、主な症状を軽減する対処療法で、症状の悪化を抑える治療が行われます。
睡眠の際には、足を高い位置にすると、症状の悪化を防ぐことができます。
原因が毛細血管が弱くなっていることではないかと考えられているので、血管を強くする治療が効果的であるとされています。
また、日頃から下肢にかかる負担を少なくすることが大切です。
スポンサーリンク

下肢の下腿の裏側に発生する頻度が高い慢性色素紫斑は、慢性化が数年に渡る場合もあります。
表面はでこぼこがなくて滑らかですが、かさかさしていてかゆみを伴う場合もあります。
病院へ行くと症状から慢性色素紫斑だと診断されます。
血液検査などを通して血小板が減少していないかどうかとか、血液に異常がないかどうかが調べられます。
組織を採取して病理検査をすると、慢性的に内出血しているかどうかが分かります。
病因を取り除く治療法はありませんが、症状によっては抗炎症薬や止血剤や血管強化剤が使われます。
毛細血管が弱いと内出血が起こりやすいからです。
使用中の薬剤や食べ物などで日頃内出血ができることに関係しているものは摂取しないようにします。
衣類も皮膚に密着しないように気を付けます。
脚に血管が溜まることを防ぐために立ち仕事やウォーキングを長時間行うことは控えなければいけません。
慢性色素紫斑の予防法は確立されていませんが、下肢の血液の循環に負担をかけないようにして、健康な生活を心掛けることが大切です。
スポンサーリンク