足 打撲 血腫

足の打撲と血腫の関係

スポンサーリンク

足を打撲した、という経験を持つ人は、世の中にたくさんいます。
これは外部から強い打撃を受けた結果生じるものだからです。
激しい動きを伴うスポーツを日常的にしている、自転車やバイクで通勤通学をしている、という人たちだと、ある意味で馴染みのある存在だと言えます。
しかし馴染みがあれば、そんなに怖くないのかと言えば、そうでもありません。
足の打撲はきちんと治療をしないと、血腫が残るからです。
血腫が残ると筋肉の動きが阻害されることとなり、いろいろと面倒が生じます。
超音波による治療などで取り除くことが可能になっているのですが、最悪の場合は外科手術による除去が必要になってきます。
足の打撲程度で手術と言えば大げさな感じがしますが、足は日常生活を営む上でも欠かせない部分なので、その健康を維持するためには、やむを得ない措置なのです。
普段から足許に気を付けていれば、足の打撲は防げるものなので、そこを踏まえて生活しましょう。
スポンサーリンク

打撲により血腫ができる原因としては、応急処置のまずさがあります。
これは打撲をした直後に、患部を冷やさないとそれが起きるのです。
方法は至ってシンプルです。
氷を入れたビニール袋か氷嚢を患部に当て、痛みのピークを過ぎるまで冷やすだけです。
そうしておけば血腫ができる可能性はかなり減ります。
痛みのピークが過ぎた後は、病院へ足を運ぶようにしましょう。
そこで専門院による治療を受ければ、まず血腫は残りません。
血腫を残さない方法としては、痛めた部分を心臓よりも高い位置に置く、というのもあります。
これは足の打撲であれば、ベッドの上に横になり、それをつり上げればよいのです。
つり上げるのが難しいのであれば、枕を挟むなどして調整しましょう。
このように、血腫はケガをした直後の措置、その後の対応などによりその出現を阻止できます。
いずれの方法もそんなに難しくないので、その時を迎えてしまったら、それを直ちに行うようにしましょう。
スポンサーリンク