紫斑 圧迫

紫斑と圧迫の関係について

スポンサーリンク

紫斑という皮膚の症状があります。
紫斑とは皮膚の中や皮膚の下が出血していることが原因となって発生するようになっています。
紫斑とは、血管の外に血液が漏れている状態と考えることができます。
紅斑という皮膚の症状がありますが、これは圧迫すると消えるようになっています。
しかし紫斑に関しては、圧迫をしても消えるということがありません。
紅斑と紫斑の違いは、圧迫という動作によって判断することができます。
師範の特徴としては、皮膚に痒みや痛みが発生するというものではありません。
圧迫をしても消えるということがありませんが、このほかに病院などで処方されるステロイド剤を塗っても効果がありません。
紫斑の小さいものは点状出血と呼ばれています。
皮下組織に広がって大きくなっているものを斑状出血と呼ぶようになっています。
たくさん出血して皮膚の下にたまった状態のものを血腫と呼ぶようになっています。
このように皮膚の状態によって呼び方が異なっています。
スポンサーリンク

高齢者がステロイド外用薬を長期間使うということがありますが、この場合皮膚が少しずつ薄くなって少しの刺激で出血するということがあります。
これは高齢者だけではなく若い人にも見られるようになっています。
長期間ステロイドを内服している場合には、皮下出血や紫斑ができやすいと考えられています。
紫斑が発生する原因はいくつか考えられています。
血小板以上や凝固因子異常というような血液凝固異常が関係しています。
血管内圧上昇や血管炎なども関係していると考えられています。
圧迫をしても治るということがありません。
したがって治療方法が気になります。
紅斑の場合は圧迫が有効となっていますが、塩斑の場合は安静にすることが大切です。
走り回ったり運動をするのを控えるようにします。
症状が悪化すると、ステロイドや免疫抑制剤や血漿交換などが行われるようになっています。
圧迫をすると逆に症状が悪化することもあるので注意が必要となります。
スポンサーリンク