点状 出血 ストレス

点状出血の原因とストレスの関係性

スポンサーリンク

点状出血が突然あらわれることがあります。
特に若い世代の女性に多くある症状と考えられています。
症状としては、痛みなどもなくどこかにぶつけた記憶もないのに、突如として点状の内出血が起きる状態です。
点状出血の多くがお尻の部分にできやすく、かゆみや痛みは全くないことが特徴です。
しかし、全身症状がみられる場合は危険性の高いということも考えらえるので、その場合はすぐに病院を受診するようにしてください。
点状出血になる原因は色々考えられますが、大体が毛細血管が弱っているかストレスが原因だと考えられています。
まず、毛細血管が弱っているせいで点状出血があらわれる場合は、自分でどうにかできる問題ではなく、気付きにくい部分なので日頃から体調をチェックすることが予防の一歩です。
毛細血管が弱っていると点状出血だけではなく、ちょっとした打撲でもアザになりやすいと考えられているので、最近よくアザができるなと思ったら毛細血管が弱っていると考えても良いです。
スポンサーリンク

また、ストレスが原因でも点状出血が発生しやすくなります。
そもそも、ストレスというのは非常に体調変化に関係していると考えられています。
疲労や女性であれば月経などで体力が落ちているためにストレスを感じやすい状況の場合、全体的に体が悲鳴をあげている可能性があります。
疲労だけではなく、仕事のストレスなどが溜まっている時でもこうした症状が起きやすいです。
ストレスというのはデリケートな問題なので自分でも意識できないことが多いですが、ストレスは最も体に良くないと言われているので疲れを感じたらすぐに休むようにしてください。
もし、なかなか休めるような状況ではなかったとしたら、気分転換をするなど自分なりでいいのでできることを少しずつしていきます。
ただ、明確な原因というのは、はっきりわかっていません。
例えば色白の人であればよりアザができやすいですし、肌が敏感な人もアザができやすいです。
そして、この症状は基本的に自然治癒しやすいものなのでそこまで心配する必要はありません。
スポンサーリンク