足 たんこぶ 治らない

足のたんこぶが治らない理由

スポンサーリンク

日常生活を送る上で、足は欠かせない存在です。
そこがきちんと動かなければ、家の中を移動することさえままならないからです。
その足にたんこぶができてしまい、それが治らない場合は、一体何が原因かと言いますと、それは初期対応のまずさにあります。
足にたんこぶができる理由としては、どこかにぶつけた、あるいは転倒した、というのがあります。
このとき、患部をきちんと冷やすようにすれば、痛みを抑制できるだけではなく、その後の治療もスムーズに進むようになります。
これはたんこぶになったところが熱を持ったり、内出血を起こして、そこがしこりになることに関係しています。
そのため、足にできたたんこぶが治らないのが嫌だ、というのであれば、即座に患部を冷やすようにしましょう。
これは氷を入れたビニール袋や氷嚢、冷湿布などで可能になっているので、そんなに難しくありません。
応急処置が終わった後は、すぐに病院へ行きましょう。
そうすれば治らない、ということはまずありません。
スポンサーリンク

足にできたたんこぶが治らない理由としては、痛みが引かないうちに入浴した、というのがあります。
 これは患部が熱を持っているうちに、外部から熱を加えると、かえって症状が悪化してしまうからです。
そのため、温熱治療をしたいと感じたら、痛みがピークを過ぎるのを待ちましょう。
自分でピンと来なければ、専門家の指示を仰ぐようにしましょう。
このとき、温熱治療をしているのに治らないというのであれば、問題箇所だけを温めるのではなく、全身浴に切り替えるようにしましょう。
そうすれば身体全体の血行がよくなるため、足のたんこぶが治らない、という状況から脱することができます。
足のたんこぶが治らない理由としては、ケアが不充分、というのもあります。
これは患部をきちんとガードしていないから、治りかけのところに打撃を受けてしまい、ぶり返す、というパターンです。
これを避けるためには、ギプスなどを用いるとよいでしょう。
足のケガは長引くと面倒なので、早めに治しましょう。
スポンサーリンク