足 血腫 治療

足に生じた血腫の治療法とは?

スポンサーリンク

足に血腫が生じた、と言えば重大なケガを負ったのではないか、と考える人が少なくありません。
しかし、打撲が原因で足に血腫が生じることも多いため、実はさほど珍しい話ではないのです。
では、こうした事態を迎えるのを防ぐためには、一体どうすればよいのかと言いますと、ケガをした直後に、患部をきちんと冷却することです。
患部を冷却する際は、氷を入れたビニール袋、氷嚢などを用いるようにしましょう。
このときの注意点としては、痛みが激しいからと、患部を冷やしすぎないことです。
あまり特定カ所を冷やすと、それが原因で凍傷となり、そちらの治療も必要になってきます。
凍傷が生じるのを避けたいと感じた場合は、冷湿布を用いるようにしましょう。
これは打撲の治療法として定番であり、市販品でも十分効果を発揮します。
応急処置が終わった後は、病院で足の具合を見てもらいましょう。
そうすれば血腫はまず残りませんし、適切な治療を受けることもできます。
スポンサーリンク

応急処置が遅れてしまい、足に血腫が残ってしまった場合は、どうすればよいのかと言いますと、超音波による治療があります。
この治療法は、プロのスポーツ選手も採用しています。
痛みがないのも利点の一つであり、病院へ行くのを嫌がる子供が相手でも大丈夫です。
足に生じた血腫を取り除く方法としては、外科手術もあります。
外科手術を治療法に選ぶとなると、重大な損傷を負ったような感じがしますが、手術自体は30分程度で終わるため、そんなに気に病む必要はありません。
足に血腫ができたとなると、日常生活に支障を来すようになるのではないか、と身構えてしまう人が多いのですが、このように治療法は確立されているので、自分に適したものを採用するようにしましょう。
どのようなケガや病気も、治療に取り組まなければならない人が気にしすぎると、かえって回復が遅れます。
足の血腫を治療する際は、治るまでの辛抱だと自分に言い聞かせ、プラス思考で切り抜けるようにしましょう。
スポンサーリンク