紫斑病 手のひら 原因

手のひらにあざができる原因となる紫斑病などについて

スポンサーリンク

気が付けば手のひらに内出血が起こっていたという場合、このような症状の原因は紫斑病という病気かもしれません。
出血しやすくなると血管から皮膚や粘膜の下に赤血球が出てきて内出血が起こり紫色のアザができます。
このアザを紫斑と呼びますが、紫斑を主な症状とした病気全般を紫斑病と呼びます。
この病気は色々と種類がありますが、詳細な原因が解明されていないものが多いです。
血小板への自己抗体ができることで血小板が破壊されて減少するからであるとも考えられています。
しかし自己抗体ができる原因が明らかでありません。
また、遺伝の可能性も考えられているので、それぞれの場合に合わせて対応しなくてはいけません。
手のひらの内出血や、月経量が増えるなどの症状がありますが、年齢の違いによって原因や症状が異なります。
紫斑病の患者の年齢が若い場合には、初期症状としては赤い点のような内出血が起こり、それ以外の部位にも大きな内出血ができて症状が進行します。
スポンサーリンク

高齢者に多く見られる紫斑病の場合は、老化によって毛細血管が衰えていることなどが原因であるため、治療は必要ないです。
子供に多く見られる紫斑病の場合は体全体に症状が起こります。
手のひらの内出血だけではなくて鼻血や歯茎からの出血の回数が多くなります。
手のひらに内出血が起こる原因としては突発性血小板減少性紫斑病があります。
血小板のみ減少するので出血のみ症状が確認できます。
手のひらを何かにぶつけた場合はその衝撃の程度に応じて内出血ができます。
しかし前述の通り手のひらを何かにぶつけたわけでもないのに、内出血が起こるのは病気の可能性があります。
手のひらの内出血などの症状が確認されたら専門の病院で診てもらうことが大切です。
原因は紫斑病かもしれませんし、他の病気が関係して内出血が起きているかもしれません。
内出血が起きる病気の一つに白血病があります。
これも血小板の減少が影響して内出血が起こります。
このような病気であれば早急に治療しないといけないので、病院の早めの受診が大切です。
スポンサーリンク