出産 血腫 保険

出産時の血腫と保険について

スポンサーリンク

女性は結婚をして出産をすることがあります。
出産は体に大きな負担がかかるようになっているので、十分に注意をしなければいけません。
出産方法はいくつかありますが、このときに吸引分娩が行われることもあります。
吸引分娩の際には保険が適応されるのか気になります。
現在では国民保険に加入をしているという人や、健康保険に加入しているという人がいます。
このほかに旦那さん御被扶養者になっているという場合、出産をするときには出産育児一時金という補助制度を利用することができるようになっています。
これは普通分娩だけに利用することができるというものではなく、帝王切開や吸引分娩でも健康保険の適用となっています。
この中で吸引分娩で会陰切開やその他の縫合術が行われたときにも、保険が適用されるようになっています。
吸引分娩では血腫ができるというようなリスクもあります。
血腫ができる場合もあるのでしっかりと理解しておく必要があります。
スポンサーリンク

出産の際に、微弱陣痛ばかりで出産が進まない場合や、子宮口が全快になっても2時間以上経過した場合、赤ちゃんの心音が胎盤機能不全が原因となって低下しているというようなときには、吸引分娩が行われるようになっています。
吸引分娩にはいくつかのリスクがありますが、しっかりと医師の指示に従うようにします。
吸引分娩のリスクに関しては次のようになっています。
母親の場合産道や膀胱や会陰が裂けることがあります。
したがって裂傷を避けるために事前に切開をするという場合もあります。
赤ちゃんの場合は吸引されるときに頭の形が変わることがあります。
血腫ができることもあります。
血腫ができると治らないと考えている人がいますが、そのようなことはありません。
自然と血腫はなくなるようになっています。
血腫はいきみすぎると発生するようになっています。
吸引分娩で血腫が発生することがありますが、このときに保険が適用されるか気になります。
保険会社によって違いがあるので、事前に確認することが必要です。
スポンサーリンク