幼児 額 たんこぶ

幼児の額にたんこぶができても大丈夫?

スポンサーリンク

幼児は、からだがまだ未発達のために、歩くなどの動作でさえおぼつかない状態になる事があります。
そのため、何かに額をぶつけてしまう場面などがあり、注意も必要になります。
幼児の額にたんこぶができる様な場面もあります。
やはり衝撃の強さによって、その後の症状、たんこぶの大きさなどにも違いが出る場合もあります。
額の場合には、確かに顔や頭部が関係しているため、たんこぶができると心配になってしまう事もあります。
状態としては、皮下組織で血管が切れて出血が起きている状態で、血の塊ができていっている状況です。
幼児の場合には、衝撃を受けた瞬間に大声で泣くなどの状況になる事が多くなります。
親が付き添っていて、多少額をぶつけた程度で、たんこぶができたのであれば、少し患部を冷やしてあげる事ができます。
全くなくなるまでには、数週間程度掛かりますが、経過観察をしながら過ごす事もできます。
気になる場合には、頭部のレントゲン撮影などを病院でしてもらうなど、その後の対応を尋ねておくと安心できます。
スポンサーリンク

幼児の額にたんこぶができた場合、固い状態の場合もあれば、触るとブヨブヨした感じのものができている場合があります。
固い状態のたんこぶも一般的ですが、柔らかいものができるのも珍しいものではありません。
出血している場所によって、血液が凝固せずに、サラサラ流れた状態のままで経過する場合もあるのです。
どちらだから注意を要するといものではなく、幼児以外にも見られる症状でもあります。
幼児が額にたんこぶを作った時に、吐いてしまう事などもあります。
特に問題がなく、一時的な場合も多いですが、その後の経過観察は注意深く行っておく必要もあります。
ぶつけた後は、幼児が大きく泣く様な状態になりますが、できるだけ安静にして経過を見る事も大切です。
食べ過ぎなどにならない様にして、意識もしっかりしている、その後は通常通り動き回る様であれば、問題もないと推察されます。
額のたんこぶについては、直後は少し冷やしてあげると、回復を多少早める可能性はあります。
いずれの場合にも、心配な場合には病院を受診しておくなども重要なポイントになります。
スポンサーリンク