おでこ 打撲 たんこぶ

おでこを打撲してたんこぶができた時は?

スポンサーリンク

おでこなどの頭の一部を打撲してしまってもたんこぶができていれば問題はないという認識がありますが、頭を強く打撲してしまっていることには変わりないので注意しないといけません。
特に頭を打って打撲した記憶がないという場合や頭痛があったり、吐き気、手足の痺れ、物がかすんで見えてしまうなどの症状が出ている場合には危険な場合もあります。
ですので、たんこぶができた当日から2日、3日は気をつける必要が出てきます。
鼻血やめまいなどの症状がある場合も注意しないといけません。
頭の部位の中でも正面に位置してるおでこはぶつけやすい部位です。
立ち上がった際に物にぶつかってしまったり、転んでしまっておでこをぶつけてしまうということは大人の人でも日常的に起こることです。
おでこを打撲してしまってたんこぶができて痛みや腫れなどの症状も出ているなら継続して冷やすことが大切です。
傷口がある場合には、まずは傷口を洗い流して消毒をしてから冷やすようにしましょう。
スポンサーリンク

たんこぶの内部には内出血が起きていて、毛細血管が切れてしまい、出血し流れ出ている血液が皮膚の下に溜まっている状態になっています。
時間が経つことによって自然に血液はまた体内に戻っていくことになるので、吸収を促していくためにも最初は冷やすようにしてその後は温めてあげるのが良い方法です。
温める際には軽くマッサージをするようにしながら患部を少し押すことによって血流も良くなり、回復しやすくなってきます。
おでこを打撲してしまって大きなたんこぶができている場合は、その分内出血も広がっているということになります。
少量の内出血なら自然に体内に戻ることになる血液が、量が多いことによってそのまましこりとして残ってしまう場合もあります。
おでこを打撲してたんこぶができたら適切な処置を行うことが大切です。
たんこぶができていれば問題ないという認識もありますが、それでも頭の一部であるおでこを打撲しているので必ず適切な処置を行ったり、病院へ行って診てもらうようにしましょう。
スポンサーリンク