たんこぶ 頭痛 何科

たんこぶと頭痛は何科の病院?

スポンサーリンク

何かの拍子に頭をぶつけるなどの場面もありますが、たんこぶができてしまう事もあります。
その後頭痛が伴う様な場合には、経過にも注意を要する事になります。
たんこぶができて頭痛がする場合、何科の病院を受診するかについては、脳外科や脳神経外科などが該当します。
たんこぶができている場合には、何らかの衝撃があったと推察されます。
衝撃によって、脳内で異常が発生している時に、頭痛などを伴うケースもあるからです。
何科を受診するか迷った場合には、総合病院を利用するのであれば、受付に尋ねてみると、アドバイスをくれる事が多くあります。
可能な状況であれば、病院を受診する前に、電話で何科になるか確認をしてみる事もできます。
たんこぶや頭痛に伴う症状が他にもあれば、詳細に説明できる様にしておくと、何科などのアドバイスもし易くなります。
いずれにしても、病院を受診するまでは、できるだけ安静にして、無理な動きをしない様にしておく事も必要です。
スポンサーリンク

たんこぶができて、頭痛が発生している場合、何科を受診するかは、状態によっても多少違いがあります。
傷口から出血している様な場合には、外科を受診する可能性などもあります。
唯、何科を受診するか心配な場合には、やはり脳内への影響などを考えている事も多くなります。
出血が酷い場合には、救急車を利用する可能性もあり、傷口の処置の後、何科を受診するか決定される事もあります。
たんこぶができて、頭痛が伴う場合には、問題となるのは頭蓋内の出血などです。
頭部への衝撃が強く、例えばくも膜下出血などが発生すると、頭痛が段々激しくなってくるケースがあります。
この場合には、たんこぶを心配するよりも、脳内への緊急処置が必要になります。
状態によって違いもありますが、頭痛は、衝撃を受けてから数日して発生するケースなどもあります。
頭部への衝撃を受けた場合には、1、2週間の経過観察が必要です。
たんこぶだけで何でもない状態から、急変する可能性がある事には、留意が必要になります。
スポンサーリンク