乳腺炎 しこり 痛くない

乳腺炎のしこりが痛くない場合

スポンサーリンク

乳腺炎とはその名前からも分かるように胸の疾患の一種で、胸の中にある乳腺という部分に炎症が起きるという疾患になります。
乳腺とは乳汁を分泌する腺の事で、最終的には乳頭へと繋がっていて乳頭から乳汁を外へと分泌します。
この乳腺に何等かの理由で炎症が起きるのが乳腺炎で、その発症原因に関しては様々な事が考えられます。
乳腺炎が発生する原因については複数の原因が考えられますが、代表的な原因の一つとして感染症を挙げる事が出来ます。
この感染症の原因となりやすいのが黄色ブドウ球菌で、乳頭部分から菌が侵入して発症するケースが多いです。
例えば赤ちゃんを母乳で育てている場合、赤ちゃんに歯が生え始めるとその歯で乳頭が傷付く事があります。
この小さな傷口から菌が侵入する事で発症する事が多く、育児真っ最中の母親が発症する事が少なくないです。
乳腺炎を発症してしまうと治療のために赤ちゃんに母乳が与えられなくなるので、出来るだけ発症しないように注意する事が大切だと言えます。
スポンサーリンク

乳腺炎を発症した場合に現れる症状としては炎症による胸の痛みや、しこりの発生等を挙げる事が出来ます。
それ以外にも感染症が原因の場合には症状が激しいと言われていて、しこりの発生等に加えて38度以上の高熱が出る場合等もあります。
ちなみに乳腺炎を発症するとしこりが出来るのが一般的で、そのしこりは痛みを伴う事が多いとされています。
しかし患者の中にはしこりは出来ているものの、特に痛くないという人も少なからずいます。
この乳腺炎で出来たしこりが痛くない原因については、代表的な痛くない原因として患部が深いところである可能性が挙げられます。
患部が深い部分にあると痛くないケースが多く、またしこりそのものを見付けるのが手間取る事も少なくないと言われています。
そのため痛くないしこりというものも珍しくなく、自分が痛くないからと過度に心配する事はないです。
乳腺炎の治療方法については抗生物質の投与等を行って炎症を鎮めて、必要に応じて患部の切除等が行われます。
患部の切除の際には麻酔をするので痛くないですが、この手術を行うには医師にそれなりの技術が必要とされる事も多いです。
スポンサーリンク