悪性 リンパ腫 しこり 大きさ

悪性リンパ腫のしこりの大きさとは?

スポンサーリンク

悪性リンパ腫という病気があります。
これは皮膚にしこりが発生するようになっています。
悪性リンパ腫ではそのしこりの大きさが気になります。
悪性リンパ腫とは、血液の癌とも呼ばれています。
初期症状としては風邪のようなものが現れるようになっています。
したがってしこりを発見したときには、その大きさをしっかりと確認するようにします。
また自己判断をせずに病院を受診するようにします。
悪性リンパ腫とは、全身を巡るリンパ節の中にあるリンパ球が、異常に増殖をして癌化することでさまざまな症状が現れるようになっています。
しかし初期症状はそれほどひどいということはありません。
悪性リンパ腫では、倦怠感や発熱や下痢やたくさんの寝汗というような症状が現れるようになっています。
現在までにはっきりとした原因はわかっていません。
しかしウイルスや自己免疫疾患が関係していると考えられています。
そこで気になるのが主な症状となります。
悪性リンパ腫の主な症状はしこりとなります。
スポンサーリンク

リンパの腫れやしこりが見られるようになっていますが、リンパ節は全身のさまざまな部分に存在しています。
その中で首や脇の下や股の付け根に腫れやしこりが見られるようになっています。
悪性リンパ腫のしこりでは痛みがないというのが大きな特徴です。
しかし腫瘍の大きさによっては痛みが発生することもあります。
そこで目安としてしこりの大きさがあります。
大きさはさまざまとなっていますが、リンパ節の腫れの場合には炎症が治まると腫れもひいてきます。
2日から3日で小さくなります。
しかし大きさが1センチメートルを超えて大きくなることがあります。
大きさが急激に肥大したり短時間で数が増加するというようなときには注意が必要となります。
どんどん大きくなったり弾力性がなく固いというときには、リンパ節の腫れではなく癌の可能性があります。
したがって病院を受診して詳しい検査を受ける必要があります。
1週間から2週間が経過してもなくならない場合や大きくなるときには注意が必要となります。
スポンサーリンク