血腫 吸収 熱

血腫と吸収熱について

スポンサーリンク

手術を行った後には、体の変化に十分に注意をする必要があります。
その中で手術を行った後に熱が上がってくるということがあります。
発熱の症状が見られるというときには、術後の経過があまり良くないのではないかと心配になる人も少なくありません。
手術を行った後のこのような症状に関しては、心配をしなければいけないものもありますが、心配をする必要がないものもあります。
手術を行った後に熱が発生するということがありますが、感染症や外傷から身を守る体の防御反応と考えることができます。
その中で心配する必要がないものは治癒熱と言います。
大きな手術になればそれだけ高く出ることがあります。
このほかに心配する必要がないものとして吸収熱があります。
吸収熱とは全身麻酔を行って手術を行ったときに、壊死組織の吸収をするために発生するようになっています。
48時間後にピークを迎えるようになっています。
しかし逆に心配をしなければ行けないというような症状もあります。
スポンサーリンク

吸収熱に関してはそれほど心配をする必要がありませんが、手術中に傷が汚染されることで発生することがあります。
創感熱と呼ばれることもありますが、これは血腫が原因となっていることもあります。
手術を行った臓器についている常在菌や循環障害や創部の血腫が原因となっています。
創部の血腫などが感染原因となります。
したがって血腫が発生しているときには十分な注意が必要となります。
血腫が原因となって症状が現れているときには適切な治療が必要となります。
血腫が原因となっているときには、抗菌薬などが使われるようになっています。
手術後に現れる症状としては、感染症以外のことが原因となっている吸収に関しては、とくに心配をする必要はありません。
吸収に関しては、時間の経過とともに症状が改善するようになっています。
吸収熱に関しては、全身麻酔を行った人は高い確率で発症します。
血腫が発生しているときには、細菌感染を引き起こしている可能性があるので、医師の診断に基づいて適切な治療が必要となります。
スポンサーリンク