脇の下 しこり かゆみ

脇の下のしこりやかゆみの原因や対処法

スポンサーリンク

脇の下にしこりができたりかゆみがある場合には病気が原因の可能性がありますし、放置してしまうと悪臭や黒ずみなどの原因になってしまう場合もあるため注意しましょう。
異常を感じたなら早めに病院へ行きましょう。
脇の下にかゆみやしこりなどの異常があらわれる原因としてはアトピー性皮膚炎、カミソリ負け、アレルギー、脂漏性皮膚炎、ワキガなど様々なものが考えられます。
脇の下がかゆい場合にはタオルなどで冷やすことで症状を緩和することができます。
保冷剤をガーゼやタオルなどで包んだり、タオルを冷やしたものを脇の下に当てましょう。
そして冷やした後に保湿剤を塗りましょう。
乾燥が原因でかゆみがあらわれている可能性もあります。
それでも症状が治まらないのなら薬を使ったり病院に行くなどして対処しましょう。
脇の下のかゆみは乳がんの初期症状の可能性もあります。
乳がんの初期症状は乳房やわきの下のしこりができるケースが多いです。
しこりの9割は良性のものだといわれていますが、万が一乳がんの場合でも早期発見することで重症化することを防ぐことができます。
スポンサーリンク

脇の下にしこりやかゆみがある場合には注意が必要です。
放置することで治る場合もありますが、悪臭や黒ずみになる場合もありますし病気が原因でしこりやかゆみがあらわれている可能性もあります。
脇の下にできるかゆみは乳がんの初期症状の可能性もあります。
乳がんの初期症状として乳房やわきの下にしこりがあらわれるという症状があげられます。
しこりができたからといってイコール乳がんというわけではありませんが、万が一乳がんの場合でも早期発見することができれば病巣を根絶やしにしやすくなります。
脇の下のかゆみの予防法としては脇を清潔に保つ、脱毛する場合はクリームを使って脱毛してカミソリによる肌荒れを防ぐ、規則正しい生活をおくるといった方法があげられます。
症状がひどい場合や症状が長く続く場合には恥ずかしがらずに病院へ行きましょう。
脇の下にかゆみがあらわれる症状は乳がんだけでなくアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの可能性もあります。
放置してしまうことで治療が難しくなる場合もあるため注意しましょう。
スポンサーリンク