幼児 たんこぶ 治らない

幼児のたんこぶが治らない場合は病院の受診が必要?

スポンサーリンク

幼児は、からだが未発達である一方、よく動き回るという傾向もあります。
からだを何かにぶつけるなどの行動をしてしまう場合もあり、たんこぶなどができる場面もよく見られます。
幼児のたんこぶが治らない、と感じる親御さんもいます。
大人の場合は、衝撃があった時の強さなども認識しているため、自分で判断する事もできます。
幼児の場合には、親が客観的に様子を見守る立場にもなり、経過観察の中で治らないと心配になる事もあります。
通常は、1、2週間程度で、たんこぶも治ると推察されます。
それ以上、余程長期間治らない場合には、たんこぶに見えても、しこりなどの可能性もあります。
幼児のたんこぶが治らないと感じる様であれば、病院を受診して、状態の確認をしてもらう事もできます。
その場合には、衝撃を受けたなど、当時の状況説明なども十分に行える様にしておく事も大切です。
医師にとっても、治らないたんこぶの状態を判断する参考になる可能性があります。
スポンサーリンク

幼児のたんこぶが治らないと感じるのであれば、やはり病院を受診する事も大切になります。
幼児ですので、何かにぶつかるなどの行動になる事も多いですが、多少ぶつけた程度では、大体の場合には大事に至らない事が多くなります。
ぶつけてしまったなどの場面では、直後に患部を冷やしてあげると、回復も多少早まる可能性があり、痛みを癒す効果にも繋がります。
ぶつけた直後には、大きく泣くなどの様子もありますが、意識がしっかりしていて、通常の動きがあれば、心配ない場合が多くなります。
幼児のたんこぶが治らない可能性としては、例えば腫瘍などができていると、大きさも変化してくる場合があります。
腫瘍の場合には、患部への集中的な治療も必要になります。
放置しておくと、患部が大きくなったり、悪化してしまう可能性があります。
たんこぶができた程度に思っていたら、形も変形してきたなどがあれば、速やかに病院を受診する必要があります。
 治らないと感じた場合には、病院を受診して検査を実施してもらうなど、対応を速やかに行う事が重要になります。
スポンサーリンク