たんこぶ 固い

固いたんこぶができてしまった場合

スポンサーリンク

おでこを強く打ってしまうことによって皮下組織の毛細血管から出血してしまい、たんこぶができてしまうことがあります。
赤い色をしていたり、固いたんこぶができてしまった場合には出血量が多い可能性があります。
おでこにたんこぶができてしまった人がいる場合には、まずは意識がはっきりしているかどうかの確認をすることが大切です。
意識が朦朧としてしまっている場合、危険な状態になっているのですぐに病院へ連れていくことが大切です。
意識がはっきりとしている場合だとしてもおでこを強く打ってしまっていることに変わりないので安静にしておくことが大切になってきます。
無理に動いてしまうことによって症状が悪化してしまうこともあるので体を動かさないようにしながら症状が落ち着いてきたら病院へ行くようにしましょう。
頭部から出血してしまっている場合は、消毒をするようにして化膿してしまわないように適切な処置を行うことが大切になってきます。
スポンサーリンク

固いたんこぶを早く治すためには、固いたんこぶの部分を冷やして安静にしておくようにします。
固いたんこぶの患部を逆に温めてしまうことによって血行が促進されることになってしまうので、血管が膨張してしまい、腫れが引いてくれるのが遅くなってしまうことがあります。
意識があったとしてもその日のうちに入浴をしてしまったり、激しい運動をしてしまうことによって血行促進につながってきてしまい、血管を膨張させてしまいます。
温めるのとは反対に固いたんこぶを冷やすことによって血管が委縮されることになり、腫れも引いてくるので、早く元のおでこの常態に戻すことができます。
また、水の溶かした砂糖を固いたんこぶに塗ることによって治りが早くなってくることもあります。
固いたんこぶができた場合、まずは冷やして安静にしておくことが何よりも大切です。
そして、頭を打ってしまっているので異常がないか確認するためにも病院へ受診するようにしましょう。
スポンサーリンク