子宮筋腫 術後 血腫

子宮筋腫の手術後に発生する血腫などについて

スポンサーリンク

子宮筋腫とは女性特有の疾患の一種で、子宮という部分の粘膜に腫瘍が発生してしまうという疾患になります。
この腫瘍は子宮の粘膜の筋層内から発生するため筋腫と呼ばれており、その多くが良性の腫瘍となっています。
女性特有の腫瘍の中で最も患者数が多い事でも知られていて、特に30代以降の女性が発症するケースが多いです。
筋腫の大きさに関しては人それぞれで、顕微鏡じゃないと確認出来ないものや数十センチくらいのものが出来る人もいます。
子宮筋腫が発生する原因については不明な点も多いのですが、胎児の時に受ける影響が関係しているという説があります。
胎児の時に周りから様々な影響を受ける事で子宮内に筋腫の芽が出来て、それが思春期のホルモンの変化で筋腫へと成長するというものです。
今までに生理が始まる前の女性や閉経を迎えた女性が発症したケースがなく、こうした点からもこの説が有力だと考えられています。
ただ今現在も研究中である事は確かなので、これから別の説が出てくるという可能性も否定は出来ないです。
スポンサーリンク

子宮筋腫が発生した場合に現れる症状としては、生理の時の血液量が増える、息切れ等の貧血の症状が現れる等が挙げられます。
それ以外にも状態が悪化してくると腰痛や排尿障害が現れたり、不妊や早産の原因となったりする事もあります。
子宮筋腫の治療方法については筋腫の状態等によって異なり、とても小さな筋腫の場合等は経過観察となる事も多いです。
ただ腰痛等の自覚症状が現れている場合や、不妊の原因となりそうな場合等は手術で筋腫を除去する事もあります。
ちなみに子宮筋腫の手術後に患部だった部分に血腫が出来る事もあるのですが、この術後の血腫は決して珍しいものではないです。
血腫とは皮膚の下で出血が起きて血液が溜まるという疾患で、血腫自体もよく起きる症状の一つと言えます。
子宮筋腫の手術後に発生する血腫は手術によって患部が傷付けられて、その傷口が上手く塞がらない事なので発生します。
この子宮筋腫の手術後の血腫は特に積極的な処置をしなくても、時間の経過に伴って自然と治る事も多いです。
しかし術後に血腫が出来た事で腹部の痛みや発熱等の症状が現れる事もあり、こういった場合には対処が必要になります。
具体的には術後に血腫が出来ている部分を切開して、中に溜まった血液を除去するといった処置が行われます。
もしも子宮筋腫の手術後に熱が続いたり腹部に痛みがあったりする場合には、念のため病院を受診するのが望ましいです。
スポンサーリンク