打撲 血腫 切開

打撲の血腫と切開の関係

スポンサーリンク

打撲により血腫が生じたと言えば、重大な事故にでも遭ったのではないか、と考える人が少なくありません。
 しかし、打撲による血腫というものは、応急処置のまずさから生じることもあるため、言葉ほどインパクトがなかったりするのが実情です。
では、打撲による血腫を防ぐには、どうすればよいのかと言いますと、ケガをした直後に患部を冷やすことです。
これは血腫ができる原因が、内出血にあるからです。
患部を冷却すれば内出血が生じても最低限で済みます。
この場合は、切開して血腫を取り除く必要はありません。
筋肉の動きを阻害するほどの大きさがないからです。
そのため、患部の切開をどうしても避けたいのであれば、冷却が終わった後、直ちに病院へ行くようにしましょう。
打撲ぐらいならば自然治癒するのではないか、と考える人が少なくありませんが、そうすることで別の問題が生じていないか確認でき、尚且つ治りが早くなります。
打撲で血腫が生じ、切開による除去が必要だというのは、あくまで最終処置です。
そこを踏まえて行動しましょう。
スポンサーリンク

スポーツをしている関係上、筋肉の動きを阻害している血腫を早い段階で取り除きたい、と考えているのであれば、患部を切開してそれを除去しましょう。
これは切開と言えば、外科手術になるのですが、30分ほどでそれが終わる上に、感染症など他の問題がまず起きないからです。
打撲の治療ぐらいで切開まではしたくない、というのであれば、超音波による治療を受けるようにしましょう。
この治療法は、プロスポーツ選手なども採用しているスタイルであり、肌に傷がつかないのが特徴の一つです。
打撲で血腫が生じたとなれば、早い段階でそれを処理したいと考える人が少なくありません。
しかし、近年では切開による除去だけではなく、のんびりとそれに向き合うスタイルも採用されているため、そんなに焦る必要はありません。
どのような病気やケガも、治さなければいけない、という強迫観念が、他の問題を起こすことがあります。
それを踏まえた上で治療に取り組むようにしましょう。
スポンサーリンク