しこり ニキビ 漢方

しこりニキビに漢方薬は効くのか?

スポンサーリンク

「ニキビ」は、「尋常性ざ瘡」という皮膚科の治療が必要な病気です。
「尋常性ざ瘡」とは、ホルモンバランスの影響による毛嚢(もうのう)、脂腺(しせん)の慢性炎症の事です。
10代に多いと言われていましたが、大人ニキビも増加傾向にあります。
特に、しこりをともなうニキビは炎症が悪化し、毛嚢や脂腺(以降、「毛穴」と記述)に膿や皮脂(コメド)が溜まってしまった状態です。
しこりニキビは治りが悪く、無理に膿やコメドを押し出したりしていると、それが痕になってしまう事もあります。
今回は、このしこりニキビ対策をご説明します。
◆ニキビができる原因
ニキビの発生には、皮膚のターンオーバー周期の乱れが関与しています。
ターンオーバーとは、正常な角質層の剥離による新しい皮膚の再生という現象です。
この周期が乱れてしまうと、古い角質が残ってしまい、肌には厚い部分が出来てしまいます。
厚くなった皮膚では、毛穴の皮脂や老廃物を排泄出来ません。
溜まった皮脂、老廃物により炎症が起こり、ニキビが出来やすくなるわけです。
ターンオーバーの乱れは、ホルモンのアンバランスが関係しています。
ホルモンバランスが乱れる要因は、「◆自分で出来る対策は?」でご説明致します。
◆しこりニキビは治しにくい
しこりニキビは、前述の通り炎症が悪化した状態です。

また、しこりが奥にある為に皮膚の表面に塗布する軟膏では、効果が届きにくいというデメリットがあります。
炎症が既に慢性化している可能性を考え、根気よく、しっかり完治させてください。

スポンサーリンク

◆受診と漢方薬内服について
診療科は、皮膚科を受診してください。
その他に、近年西洋医学と東洋医学のメリットを融合させた漢方皮膚科や和漢診療科を設けている医療機関があります。
しこりニキビは炎症が慢性化している可能性がありますので、慢性疾患の治療において成果をあげている漢方薬の併用を、担当医に相談されるのもお勧めです。
また、漢方薬は体質を改善するものもあり、様々な慢性疾患において、好転への治療方法の一部となっています。
ただし、漢方薬は、体力や体質その他の所見を、問診や触診、視診等で、充分に情報収集後、患者さんに合わせた薬を選択する為の詳しい基準があります。
自分の傾向と合わない漢方薬を服用しても効果は出ませんので、市販の漢方薬を自分で購入し、服用する事はお勧め出来ません。
受診して、適切な漢方薬を医師に処方してもらい服用するようにしてください。
◆自分で出来る対策は?
ターンオーバーの乱れは、ホルモンバランスの変調が関与している事はご説明しました。
慢性化しやすいしこりニキビ、治りが悪い要因は何があるのでしょうか。
それは、多くの病気と同じくストレス、偏食、不眠、喫煙等の生活習慣が関与しています。
治療の継続とともに、ご自身の生活を見直してみてください。
多忙すぎて、全てを改善することができなくても、何か一部だけでも改善を継続したり、気付いた時に少しずつ実践することでも、身体にとっては良い影響になります。
◆最後に
生活習慣の改善は、様々な病気のコントロールとして共通する要です。

また、ホルモンバランスの変調には、ストレスが大きく関与しています。
この状況が長期間に渡れば、その他の病気の発症も引き起こし兼ねません。
しこりニキビを治す為の日常生活の見直しは、その他の健康にも繋がります。
ご自分のペースで、実践されてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク