バイアスピリン 副作用 皮下出血

バイアスピリンの副作用と皮下出血

スポンサーリンク

脳梗塞や心筋梗塞を起こした時に、血液が血管内において凝固という固まる事を予防するために処方される薬としてバイアスピリンがあります。
バイアスピリンはアスピリンのジェネリック医薬品です。
薬の目的としては、主に動脈血栓症に対して使用されます。
血流の速い環境下での血栓形成に有効です。
血小板の関与が大きい場合に使用されます。
静脈血栓症の場合は、血流の遅い環境下での血栓形成に凝固因子の関与が大きい場合は抗凝固薬と言われるワーファリンなどの薬が用いられます。
心不全や心筋梗塞などで血液の流れが悪くなり流速が遅くなることにより、血液が固まりやすくなることを赤色血栓と言われます。
このような血栓が作られる事が予想される時に使用されるのがバイアスピリンです。
血液を固まりにくくして血栓の作成を予防します(血液の凝固が阻止されるために皮下出血の原因になる事もあります)。
使用される主な疾患としては、狭心症(慢性安定狭心症や不安定狭心症)、心筋梗塞、虚血性脳血管障害(一過性脳虚血発作、脳梗塞)、冠動脈バイパス術や経皮経管冠動脈形成術の施行後における血栓・塞栓形成の抑制、川崎病などにも使用されます。
スポンサーリンク

バイアスピリンは抗血小板薬として必要な薬ですが、副作用にも気を付けなければいけません。
一般的なバイアスピリンの副作用は、発疹やむくみなどのアレルギー症状をともなう過敏症状を起こすことがあります。
一般的な副作用は頭痛、耳鳴り、めまいです。
消化器においては、食道炎、胃の痛みや嘔気嘔吐、食欲不振が発生する事があります。
その他の副作用として血圧低下、血管炎、気管支炎、目の角膜炎、胸やけ、便秘や下痢、皮膚の痒みや皮下出血や発汗などが発生する事があります。
まれにバイアスピリン服用時に発生するものとして、腎臓・肝臓の障害や脳出血などの頭蓋内出血、肺での出血、鼻出血、眼底における出血、血液の障害や再生不良性出血、血小板や白血球減少症などが発生する事もあります。
胃腸が弱い人や高齢者においては胃腸障害が出やすいです。
消化器系の小腸や大腸での出血や潰瘍にも注意が必要です。
高齢者においては副作用が出やすく、どこにも当ててもいないのに皮下出血が出現したり、少しの打撲や静脈注射において皮下出血が大きく長期間続くこともあります。
口腔内における副作用として、歯ぐきからの出血や皮下出血も多いです。
バイアスピリンの服用期間は長期にわたる事が多いので、適宜服用後の副作用に注意しながら皮下出血等の有無も確認が必要です。
特に高齢者の服用時、周りの人が腕や足などの目に見える場所の皮下出血等の有無に注意しましょう。
スポンサーリンク