皮下出血 しこり 血腫

皮下出血によるしこりは血腫の可能性があります

スポンサーリンク

打撲などによる皮下出血が起きた場合にしこりになってしまうようなことがあります。
それも皮下出血になったところと違うとことにしこりが出来ることがあります。
それは血腫の可能性があります。
皮下出血した場合には血管が傷つくことによって発生します。
それは外部からの刺激によって傷つくことが分かっています。
その場合にはしこりが出来てしまうこともあります。
血腫が出来てしまった場合には、打撲自体の症状はある程度治ってしまってもしこりだけが治らないということにもなってきます。
血腫は少量の出血による場合には、ある程度の期間が経過すれば自然に体内に吸収されてなくなっていきます。
しかし強い衝撃によって出来てしまった場合にはなかなか吸収されずに残ってしまうことがあります。
その場合には再び腫れてくることもあるので要注意です。
とにかくいつまでたってもしこりが消えないという場合には十分な対処をする必要があります。
小さなものであれば自宅でも対処は可能です。
スポンサーリンク

皮下出血をしたときには冷やすことです。
患部を氷や冷水等でしっかりと冷やすことで出血を止めることが出来ます。
しかし非常に強くぶつけたりした場合には自宅で何とかしようとしないで早めに整形外科などを受診して対策を取ることが重要になってきます。
しこりが血腫なので皮下出血が多くなってしまうと、なかなかしこりが無くならないということにもなってきます。
あまりにも血腫が大きい場合には皮下出血した部分から注射器で血を抜き取ることもあります。
それがしこりになるのを防ぐことにもなります。
血腫になるような皮下出血をした場合にはしこりにならないためにしっかりとそいた対処を取ることが重要になってきます。
対処が遅れてしまうと血腫が固まっていくので完治までに非常に長い期間が必要になってしまうこともあります。
そのようにならないためにも早めの対処が不可欠になってきます。
皮下出血は血腫になって固くなってしまっても特に問題はないですが気になってしまうので早めの対処が必要です。
スポンサーリンク